外貨取引 通称FX!


最近流行っているFXとは外為証拠金取引の略で、主に外国の通貨を手軽に売買することができます。外貨預金と違って、レバレッジをかけて取引でき、手数料もほとんどかからないため、人気が出ました。

最近ではバイナリーオプション取引業者も増えており、スプレッドも狭くなって、ユーザーにとってかなり取引がしやすい環境になりました。業者によっては様々なツールが用意されていて、口座を開設すればテクニカル分析や最新のニュース情報などがチェックすることができます。

fx取引をすると、日々スワップというものが発生します。豪ドルや南アフリカランドなど高金利通貨と呼ばれる通貨を買って、金利の少ない通貨を売ることで多くのスワップを得ることも可能になります。

FXのスワップは国と国の通貨の相対的な金利差で決まるため、高金利通貨は人気のでる通貨となっています。レバレッジを抑えることで強制的にロスカットされることを回避できますし、長期投資としての魅力も高まります。

低金利の国同士の通貨の売買の場合、金利差よりも雇用統計やGDPなどの経済指標での取引がとても重要になります。そのため短期での売買が活発に行われており、日本人の方ですとドル円やユーロ円やユーロドルなど身近な通貨の売買がメインとなります。

慣れてくると他の通貨の取引もできるのですが、初心者の方は誰でもご存知の米国のドルを売買することで、FX取引に慣れることや知識をつけることがとても重要です。FXのスピンオフとしてバイナリーオプションという投資金融も出現しています。ただこれらの2つは異なる手法での取引ですのでご注意をされた方が良いでしょう。

私が初めてFX取引をしたのは7年位前の事でした。その時とFXランキングをしてみるとそのトレーダー数は爆発的に増えています。

取引が1万通貨単位だったのが、今では1000通貨や1通貨からできる業者も増えたからです。

少ない資金でも気軽に始めることができるようになり、初心者でも敷居が低くなりました。そしてインターネットの普及とスマートフォンに対応したことも理由の一つだと思います。

いつでもどこでもスマートフォンがあれば取引することができます。移動中であったり、待ち時間や休憩中でもFX取引をすることができます。

普段から為替動向をチェックするようになると、他の国の情勢や政治についても詳しくなり、ニュースを見ることも楽しくなります。

私がFXを始めるまでは政治などは興味がありませんでしたが、FXを始めてから周りの人の誰よりも詳しくなるほどになりました。それもFXの魅力の一つだと思います。

月間の口座登録数が本物のNo1をたたき出した業者としてピックアップしたいのはハイローオーストラリアです。上か下かの予想だけでかなりシンプル!
また慣れてきたらレバレッジを高く設定することもできます。レバレッジをあげることで利益額も大きく変わってきます。もちろんリスクも同じだけ上がるので、なれるまではレバレッジを抑えて取引の練習をする必要があります。

最近では24Optionのように多くの業者にデモ口座というのが用意されていて、実際のお金を入れなくても練習できる環境が用意されているので、試してみるのもお勧めです。




foreignexchangestrading.net